本文へスキップ

だいたい車検期間に3回はオイル交換するべきでしょうか。

オイル交換について紹介するサイト『エンジンオイルの交換は車検の時だけじゃ足りません』

『エンジンオイルの交換は車検の時だけじゃ足りません』では自動車のオイル交換について解説します。

エンジンオイルの役割

  • 油っぽい名前を持つエンジンオイルとは、自動車をはじめ多くのエンジン搭載マシーン に使われている潤滑油(オイル)です。 自動車にとってエンジンとはとても大切で欠かせないパーツで、自動車ユーザーなら 数年ごとの車検のときにエンジンオイルの交換をしていることにもちゃんと気付いて 「これでしばらくは安心だ」と胸をなでおろしているでしょう。 自動車にとってのエンジンオイルとは人間の血液のようなもので、オイルパンから ポンプで汲み上げられてエンジンの各所に送られます。 自動車整備を語る上で忘れてはならないエンジンオイルですが、どのような役割を 持っているのでしょうか。

エンジンオイルの種類

  • エンジンオイルは製造される方法(つまり製法)によって化学合成油、部分合成油、 鉱物油の3種類に分けられることは、車検前に自分でエンジンオイルを交換したことの ある人ならたいてい知っているでしょう。 正確には上記のベースオイルに添加剤を混ぜ合わせているものが製品としてディーラー や整備工場、カーショップに並べられています。 ガソリン車とディーゼル車での違いもほとんどなく、一部の添加剤がちょっとだけ 分量が多いくらいではないでしょうか。 ディーゼル車向けのエンジンオイルはガソリン車に使うこともできるのです。
車検のコバック小松店
〒923-0811 石川県小松市白江町リ18 ※能美市からも多数ご利用頂いております。
見積り・ご予約:0037-6001-4192(通話料無料)
国家資格整備士や自動車検査員が常駐。安心の車検と整備をご提供します。
http://kobac-komatsu01.com/

エンジンオイルの劣化

  • 大切な愛車のエンジンを守るエンジンオルですが、新車購入時のままいつまでも何年も、 車検を繰り返し何度も受ける間ずっとそのまま使い続けることはできません。 タイヤ交換したりワイパーのゴムを換えるのと同様、エンジンオイルも適切な時期に 交換するのが自動車整備というものです。 そんなすぐにではないのですがエンジンオイルも徐々に劣化していくので、同じオイル をずっと使っているとエンジンを傷めてしまうこともあるからです。 自動車の使用状況によって劣化速度も違ってきますが、せめて車検時くらいは交換 してあげるのがマイカーに対する礼儀でしょう。 それでは具体的にどんな理由でエンジンオイルは劣化していくのでしょうか。

エンジンオイルの交換

  • エンジンオイルは使用するにつれて熱による劣化、酸化物やブローバイガスの混入 などによって黒く汚れていきますがこれは正常なことです。 車をたいして使用しないとしても空気に触れることで酸化(つまり劣化)しますので、 やがてはオイル交換しなければなりません。 それを怠り劣化したオイルを使っていると本来の役割である潤滑・密封・洗浄・防錆 の効果が著しく低下してエンジンを傷めてしまいます。 毎週新品のエンジンオイルに交換するようなことはしなくてもエンジンは守られますが、 半年に一回は交換するつもりでオイル代を確保しておくのが望ましいでしょう。 車検のときだけオイル交換という人も多そうですがその頻度では足りません。

ナビゲーション

◆名古屋で廃車の買取なら◆
http://kawaguchi-shouten.com/blog/
川口商店は面倒な廃車手続きも無料で代行。その場で現金で買取します。